2012年07月25日

NHK「クローズアップ現代/水俣病“真の救済”はあるのか 〜石牟礼道子が語る〜」

NHK「クローズアップ現代/水俣病“真の救済”はあるのか 〜石牟礼道子が語る〜」を見た。
H3なかなか良い仕事をしておる。

最近水俣病に関心を強めておるカエデとマコトノスケまで一緒になって視聴するお茶の間。不似合いな番組である‥笑。しかし、奥が深い。
石牟礼道子さんの搾り出すような一言一言が突き刺さる。

とどのつまり、科学を無視した愚かな政治家や役人の馴れ合いによる悲劇なんだなぁ。
今も相変わらず繰り返されておるなぁ。

不幸の謎(原因)を解明するため科学があり、科学を進めるために重箱の隅を突くような調査研究がある。
なのにこの国の為政者達は、国民の幸福は二の次で、テメエらの保身や体制維持ばかりを願って、重箱の隅をなるべく突付かず、どこかから持ち込んだ適当極まりない統計理論や全く科学とは無関係な地図上の線引きで正否の二極化を強引に進めてしまう。
なんとまあ乱暴かつ下品なことだろう。こんないい加減なことだから後々大混乱するのだよ。

阿久悠は、TVアニメ「ミクロイドS」の主題歌としてこう書いている。

「心をわすれた科学にはしあわせ求める夢がない」
「心をわすれた科学には地獄の夢しか生まれない」

‥蓋し名言だ。永田町や霞ヶ関では理解不能なフレーズだろうけど。

posted by 榎田信衛門 at 20:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

熊本在住の皆様〜『只今映画撮影中で〜す!』手伝ってぇ〜!

pro_001a.jpgpro_002a.jpg

ご存知の方も多いと思いますが、劇場公開作品『堂免公園』がクランクイン。このあと2作目『人生は連写だ!』が続きます。
《熊本の全てが撮影所》を合言葉に旗揚げしました『シネ・ルネ(cinematograph lunedi)』でございます。

なんだかんだで熊本以外では結構な知名度を誇るFMCの社運をかけた大宣伝が効いてきたのか全国から支援の輪が続々!
「よーし!応援しちゃるけん頑張って撮ってくれや!!」という有難い声と共に「協賛金」もお預かりしたりでスタッフ一同大感謝大感激モードであります。

しつこく書きますが『劇場公開作品』でございます。『映倫マーク』が付くのです!(※付けたいワケではござらぬが、付けねば劇場で上映できないのでござ〜る。)
故にいわゆる自主映画の類ではありません。

限りなくインディペンデントな映画プロダクションではありますが、シネ・ルネ首都圏在住チームが水面下で様々な「業務用ネゴシエーション」を続けておりまして、その甲斐あって「配給してやるよん。早く作んなよ!」と云う複数の配給会社様の上から目線をチラ見しつつ「監督殺すにゃ刃物は要らぬ、長雨続けばハイおしまい」なんてね。冗談にもならない天候によるスケジュール遅延と戦いながら日々頑張っております、ハイ。

page04.jpg

そこで皆様に平身低頭お願いがござりまする。
ちょっとでも暇がある御仁。なんとかお助立ちをば願います!

人手が足らんのです。

現在「榎田組/堂免公園班」は、
・監督兼撮影(キャメラ担当)‥榎田信衛門※ハリウッドスタイルなので照明も兼務。
・チーフ助監督兼アシスタントプロデューサー‥エアポート成田
・俳優部付助監督兼アシスタントプロデューサー‥キラウエア裕子
・音声兼助監督‥らーめん裕
・制作補助‥おおぐま欣三、レツゴー匠平
という陣容であります。

小さな所帯なのでそれこそ俳優部の皆さんも手隙な時には制作側を手伝ってもらう「大衆演劇」っぽいプロダクションでありますが、せめて初期の「近代映画協会」くらいの人数が居たらなぁ‥というのが現場の願いなのであります。

小難しい専門知識をお持ちでなくても構いません。体力と気力さえあれば(あと忍耐力ね‥映画って「待ち」が多いんですよ。天気待ちとかいろいろね。)なんとかなるでしょう。

基本お若い方を募集したいわけですが「うんにゃ、若造なんかにゃ負けとらん!」という強気な御仁でしたら私と同世代までくらいなら歓迎致します。(でもこれからますます暑くなりますけんね。熊本市のボランティア保険にゃ入っとりますけど、あくまで自己責任で臨んで下されぃ)

映画作り‥大変なこともいろいろあるけど楽しいですよ!(一度体験すると病み付きになるかもしれません‥笑)

☆詳しくはこちらから。http://enokidas.com/cinelunedi/page04.html
Tel:080-4284-5991(基本的に留守録対応)でもお問合せ受付中です。

何卒宜しくであります!
posted by 榎田信衛門 at 08:49| Comment(0) | cine-lunedi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

只今闘病中でござい。

まさしく病んでおる。

先日8日未明から発症した「痔」に苦しんでおる。
ちなみに外痔核でござる。
要するにイボ痔だ。標準的な梅干くらいのサイズなり。
否、多少潰れた観がござる故「ソラ豆」と云った方が宜しかろう。

それにしても、とにかく痛え!

外痔核なんてものは要するにデカい血豆だから、
注射針でもぶっ刺してやれば血抜き出来てなんとかなりそうな気がする。
医者は「切っちゃおうよ。うひひぃ〜」と不気味に笑う。
しかし入院したり、術後の経過で通院とかしてる暇がねぇ!

なーに10日も我慢すれば自然に腫れが引くことを私は知っておる。
なぜなら「二度目」だからだよーん。

そう。最初は高校2年の冬だった。
熊本市内の高校生徒会連盟主催の「歳末たすけあい」だ。
高校では文化副委員長なのに生徒会連盟では文化部会長という重責を担う私である。
それはそれは熱心に募金を行うのだ。しかも下通マツレコの前で!
「さいまつたすけあーい、ごきょうりょくをおねがいしまぁーーす」という当たり前の掛け声では銭は集まらん!
「そこの社長!社長!そう!あなた!お金!ポンと入れてくださいよ!よ!御大尽!」と私は叫ぶのである。
すると西高のA君も「年末を越せない人が居ます!あなたが救うのです!」と連動し始め、
市立高のBさんやら第一高のCさんまで「やるぞ一億火の玉だ!」なとど叫び始める始末。
しまいにゃ近所のお店の女店員が「もうすこし静かにやってくんない」と難癖をつけに来たので、
「小声で銭が集められるか!」と怒鳴りつける少年榎田の図。
‥というくらい迫力満点で、なななんと2日で募金総額100万円って凄かろ!

さてお立会い。
大声張り上げすぎまして、ケツ圧が上がったんでしょうなぁ。
寒風吹きすさぶ中、2日間立ちっぱなしというのも悪かったんでしょう。

帰り道‥なに?この激痛。
家に着いたらパンツに血がべっとり。
「お母さん、はじまっちゃった」てな塩梅で、高校2年で非童貞の私でありながら母親に肛門を見せる恥ずかしさ。
「ボラギノール塗っときなさい」
「はい」

これを思い出せばそりゃ有楽町でストリーキングなんざ朝飯前ですぜ!(※実施済)

あれから30年。
違いが分かる大人になった。
全国的に頼りにしてくれる人も増えた。
相変わらず好きになったら一直線!そんなガキっぽさは抜けていないが、それ以外はまぁ大したもんである。(実に曖昧な表現だ)
そして今、再び外痔核である。
何の因果であろう。

8日の「生ハムの会」では記録係であった。
必至に耐えながら撮影をこなした。
会場のBar:Colonには映画『堂免公園』の主要キャスト、そして音楽監督・中田由美さんも来てたのだが、本当は「○○のシーンはね‥」なんて突っ込んだ話をフランクにしたいところなんだけど、すんません!そんな余裕はゼロテスター

家では「あっそ。病院行けば‥」程度のコメントしか得られず、相変わらず家庭内孤独な西ベルリン状態。
収録でやって来たセントヘレンズ理恵さんやマスタード☆鶴田さんの「あらら、大丈夫っすかぁ?」という声の方が遥かに温かみを感じる始末。
蓋し孤独だねぇ。

‥と云う訳で、痛みが強くまともに寝られない日々が続いてござる。
思考回路も些か変である。
いま、人の優しさに触れると泣いちゃうかもしんない‥笑。
posted by 榎田信衛門 at 06:06| 008雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。