2007年11月28日

またコミュFMが潰れるそうな。

今度は広島のコミュニティFM局がリタイアするそうな。
儲からねーってことが原因らしい。

複数のリスナーさんからもご投稿頂いておりますが、それ以外にも、電波行政に携るお役人さんやジャーナリストさんから「で、あんたはどう思うのさ?」という質問が届いております。
基本的に‥「私と無関係なところが如何なる理由で潰れようが知ったこっちゃない」という感想しか出てきませんわ。

ただ、評論家的にざっくりと論評するならば‥マスメディアの劣化コピー或いは矮小化したものとして存在するそういう零細メディアは概ね駄目でしょう。
3セクで間接的にせよ税金を食い潰すことが出来るところは、不毛な特殊法人っぽくなかなか死なないでしょうけど、伸びることはない。

大体マスコミてぇやつ自体がですよ。銀行のそれを遥かに上回るエゲツナイ護送船団方式でござんす。人質代わりなのかな?政財界の子息を優先的に採用。相互監視なのかな?縁故採用も乱発。自浄能力なんか土台ありゃしません。まぁ末期的な混濁状態と云ってヨロシイでしょう。そんな状態にあるにも関わらず、イメージ戦略と情報操作によって概ね愚かな国民の皆々様の耳目を塞ぎ、騙し続ける醜悪企業体と言ったら、あんた怒るかい?‥笑
そんなもんの劣化コピーやってる連中が、商道徳云々以前の問題として、まともな会社経営なんか出来ますかってーの。

大体売り物であるところの番組のクオリティ云々は二の次で、ひたすら「よってらっしゃい!」って喧伝ばかりされてもねー。そりゃ〜お客さんなんか増えませんって。

まぁ他にも沢山ご指摘致したき事柄はございますが、無料で知恵をつけてやるのも悔しいのでやめときます‥笑。


(この記事に関連するエントリー)
エフエムたまな閉局に寄せて(2006,04,28)
FMC幹部スタッフ募集(2006,05,04)


posted by 榎田信衛門 at 20:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 008雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

『点と線』

ビートたけし主演のテレビ朝日『点と線』を二夜連続観てしまった‥。

かつて東映が作った南廣主演『点と線(1958年)』とどうしても比較してしまうわけだが、竹山洋のシナリオ自体は悪くなかったように思う。

あ、ちなみに南廣(みなみ・ひろし‥故人)って『マイティジャック』の天田副長役の人ね。
『戦え!マイティジャック』では、二谷英明に代わって隊長やってました。
後年、ドラム叩きながら「Go!クロスタニン!俺の健康、クロスタニン」ってシャウトしていた謎のおじさん。
安田伸と『シーラカンス』というジャズユニットを作っていた‥な〜んてデータが入っている私って只の脳味噌無駄遣い男でござんす‥笑。

テレ朝版『点と線』で強烈に興ざめだったのは、やはり昭和33年に存在していない数々の物を「代用品」として使ってしまったところ。
寝台特急「あさかぜ」の車輌しかり。
ホームに入線して来る横須賀色の電車しかり。
西鉄電車に至っては「なんで銚子電鉄やねん!」である。
熊本市交通局が旧西鉄カラーの電車を使ってるんですけんどね。まだあれを使って撮影した方が絶対良かったのに残念。

喫茶店のシーンも興ざめ〜。
1974年にグッドデザインを受賞したことで有名なスタックタンブラーが出て来ちゃ駄目やろ‥笑。

てなわけで、気分をリセットするため、もう1回『点と線(1958年)』を見てみるべと思い、DVDを借りて来た。
尺数がテレ朝版の半分以下なので、筋書きは相当端折って見える。(こればかりは仕方が無いな)
ただ、なんてったってそこに出て来る物全てが当時当たり前の物ばかりなのでリアリティが違う。

リメイクってさ、ディティールを如何に正確に再現するか徹底的に壊すか‥だと思う。
中途半端が一番いかん!

☆俺を美術監督に使ってごらん。クロサワ以上のトラブルメイカーになったぁげる‥笑。

そう云えば、私の好きな映画トップ3の1つ『隠し砦の三悪人』が松本潤主演でリメイクされる。
しかも雪姫を長澤まさみちゃんが‥。
とてもとても心配でならない‥笑。
12月頭に熊本城でロケもあるぞ。
posted by 榎田信衛門 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 008雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

EXPEDITION2007in阿蘇

【11月17日】
◇13:30「FMCを出発」
◇ジョー中山運転の自家用車通称ブロラン号に人員並びに機材一式を積み込み出発。
気温低めなれどもすこぶる好天。ドライブ日和。
◇途中、国体道路のヤマダ電器に立ち寄りビデオテープを追加購入。
◇一路阿蘇へ。
◇今回の目的地である「阿蘇青少年交流の家」の到着予定は15:30。
◇大津を過ぎた辺りから国道57号は大渋滞でノロノロ運転モード。自然渋滞はよくあることだが解消する気配なし。
◇ノロノロ運転を続けてやっと立野に接近。上り坂の遥か遠くに赤色灯多数視認。事故だ。


   〜結構大きな交通事故で、上り下り共に長さ数キロに及ぶ大渋滞となりました〜

◇現場を通過。車輌3台を巻き込んだ多重事故。警察だけでなく消防のレスキュー、救急車等が集結。大きな事故だ。
◇やっと通常速度へ。このまま行けば到着予定時刻(予め余裕を持たせてあった)ギリギリか。
◇阿蘇駅付近を過ぎた辺りでまたまた渋滞。今度は小規模で安堵。路肩に脱輪トラック。警察による交通規制であった。
◇15:50「到着(20分遅れ)」
◇宿舎オリエンテーション。会館担当者によると本日宿泊予定の団体が皆到着していないとのこと。事故情報を伝える。
◇16:30「リーダー会議」宿泊団体責任者による調整会議(入浴時間等の調整)。
◇17:00「夕べの集い」国旗降納と団体挨拶など。


   〜旗を降ろして挨拶をするキラウエア&エビアン〜


‥さ〜てここから問題続出でござんす。

会館担当者から「NPO断酒の会150名が宿泊しているので、本日の飲酒は遠慮して欲しい」との要請を受けましてね。なんだか納得いかんのだけど仕方なく承諾ですわ‥。
他にも韓国から大学生200人が到着で、食事や入浴時間の調整が極めてタイトな状態に‥。
その煽りを喰って、夜に予定していた『QIC』収録が吹っ飛び、代わりに『夕刊FMC+深夜特快』という謎のコラボ番組を1本だけ収録(予定外)。予め決めていた計画が頓挫モードでござんす。


 〜臨時収録スナップ〜


◇23:00「消灯(就寝)」

おい韓国の大学生!てめーらウルセーんだよ〜!
廊下をバタバタ歩くは大声出すは。トイレも汚しまくるは‥。
マナー最悪。
断酒のオヤジ連中もトイレで隠れてタバコ吸ってんじゃねー。(ここは全館禁煙です)
嫌がらせか何か知らんが、真夜中に廊下の照明を何度も点けやがって(現場押さえました)イラつくんだよ。
‥といろいろ癪にさわるのを我慢しておりましたら、もう眠れない。
不快なまま朝。



【11月18日】
◇06:30「散歩」
ジョー中山のいびきがコダマする部屋をあとに、カメラを持って外に出ました。
めちゃめちゃ寒いですが気分はよろしい。
間近に見える仙酔峡(せんすいきょう)のパコダなんかを眺めたり、直ぐ近くで草を頬張る赤牛を写したりする。

◇07:00「起床」
全館起床タイム。ここから「青年の家」の朝が動き出す。

◇07:30「朝の集い」
外庭に出て国旗掲揚とラジオ体操。

◇07:50「朝食」
バイキングでござんす。メザシ4匹食べました。

◇09:30「QIC収録」
JR豊肥線でヘルペス和田来訪。この時間は元々企画講座並びに実習を予定していたのだが、昨夜からのスケジュール大変動の煽りを受けて「QIC11月18日放送分収録」にチェンジ。
数年ぶりとなるバイノーラル方式による収録を実施。深夜番組なのに朝から収録は辛い。テンション上がらず煮え切らない。しかしエビアン姐さんだけはのっけから大ボケ飛ばしまくり。「午前中の女」の異名を得る。

◇11:00「退所・出発」
結局まともな活動は殆ど出来ず「青年の家」を後にする。車で約10分のところにある仙酔峡ロープウェイ駅に移動。

◇11:45「ロープウェイ」


  〜仙酔峡ロープウェイ〜

往復1500円の乗車賃を支払いロープウェイに乗る。阿蘇山には他に「阿蘇山ロープウェイ」があり、こちらの方がメジャー。かつては阿蘇山のも仙酔峡のも九州産交の系列だったのだが、現在仙酔峡ロープウェイは地元3セクの経営。ちなみに乗るのは30数年ぶりでござんす。
約9分で阿蘇中岳山上(東駅)。気温2度。強風。
前回(30数年前)は、ここからマウントカー(重装甲バス)に乗って、噴火口のぐるりに作られたマウントカー専用道路を通り、阿蘇山ロープウェイの山上駅まで移動した記憶がある。ちなみにマウントカーはその後の噴火で専用道路が破壊されたため廃止。道路も現在は通行できません。
よって、仙酔峡ロープウェイ山上東駅からの火口見物は初めてでござんす。
げげげっ!すんごく勾配きつくない?整備された遊歩道ではあるが、火口展望所まで随分あるぞ!しかも気温は2度。吹き付ける強風を遮るものは無し。
体力自慢のキラウエア裕子、ジョー中山などを先頭に登山強行軍開始。
約10分で展望所へ。
大パノラマ。阿蘇山ロープウェイ側からの展望もそれなりに迫力がありますが、こっちの方がより荒々しくて素敵だ。でも寒い。帰りの斜度も辛い。体力に自身のある方はぜひどうぞ。

◇12:45「下山・帰途」
帰りは渋滞にハマることなくすんなりFMCへ。14時頃到着。

いやぁ疲れた疲れた。


(参加者)
榎田信衛門
フィラリア井元
エビアン元子
ジョー中山
キラウエア裕子
ピナツボめぐみ(18日ランチミーティングのみ)
ヘルペス和田(19日のみ)
posted by 榎田信衛門 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 008雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。