2010年06月23日

世界で一番美しい夜



おもしろかった。

こういう切り口で寓話を撮るなんて‥と最初面喰らったのだけど、
どうして実に奥が深い作品でござった。

主演は元タカラジェンヌの「月船さらら」でござい。
宙組が出来た時に組替で月組から移って『ベルバラ2001』でフェルゼン役を好演。
結構好きだったなぁ。
卒業する際に「私を覚えていて下さいとは申しません。嫌でも思い出す存在になってやります」と啖呵を切った(若干お笑いが入っていた)のが非常に印象的だった。

劇場公開時。低俗マスコミは、こぞって元タカラジェンヌの貞操帯ヌードばかり報じていたため、本作の根底に流れる奥深いテーマ性を見出すに至らなかったのが不覚でござった。

石橋凌はひたすらポコチンを鍛える元過激派という設定。
それこそ熱心なARBファンが観たら気絶しそうなおバカキャラなのだが、
実は本作の肝の部分を強烈に演じきっている。

そして田口トモロオだ。
淡々とした台詞が多いので、プロジェクトX臭が漂うのだけど、やはり上手いねこの人は。

人に最も近いと云われる類人猿ボノボ(ピグミーチンパンジー)は、
群れの中で争いごとが発生すると一斉に交尾や性器のこすりつけ行為(ホカホカと云う。ホントだよ‥笑)を開始し、トラブルを沈静化させる。
極めて平和的な猿である。
本作は、人にそれをさせちゃおうという寓話だ。

さてさてR18でありながら文化庁推薦作品ときたもんだ。
猥褻でも淫靡でもない、不思議なファンタジーに出来上がっているので、エロがお嫌いな方(ホントは好きなくせにぃ‥爆)でもOKの佳作でござい。


※余談ですが、大魔神カノンのタイヘイ(眞島秀和)が月船さららの上で腹上死します‥笑。
posted by 榎田信衛門 at 02:10| Comment(0) | 008雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

似てるような似てないような‥

outrage_wp_01_1024x768.jpg

yukukuru2009_title01.JPG
posted by 榎田信衛門 at 08:37| Comment(0) | 008雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

FMCの奇跡。

『QIC:714』‥放送714回を先程収録しました。
いえいえ記念番組とかじゃないのです。
ただね、エアポート成田君がFMCにおける復帰第一声を上げておるんです(エンディング部分)。

ちなみに彼エアポート成田が大活躍したのは1989〜1992年。
この間は福岡事務所を開設したり地上波の番組を作ったりで、ある意味メリハリの効いた時節でござんした。

その後、彼とは一旦袂を分かつことになるわけですが、まさか再びそのレールが合流することになろうとは‥。
人生ってのはまさしく五里霧中のびっくり箱であります。

ちなみに袂を分かった後に彼と合流した人物が何を隠そうマスタード☆鶴田その人。
同じ職場にて数年。まさしく同じ釜の飯を食った仲間だそうな。
その後マスタード☆鶴田氏はBarを開業するために独立。

さらに数年後、私はピナツボめぐみ+キラウエア裕子と偶然出会い、そのキャラに惚れてFMCに勧誘(言い換えればスカウトでござい)。
で、2人が知っていたBarのマスターがマスタード☆鶴田!という寸法。
あれよあれよと云う間に意気投合。
そこから《FMC奇跡のV字ターン》が始まるわけですよ。

2010年。ジェッターマルスが大活躍するまであと5年であります。※関係ない‥笑。
遂にエアポート成田が新番組を放ちます。(近日収録スタート)

いやぁ不思議な気分だ。なんちゅう数奇な運命なんぢゃろ。

さてさて「このメンバー」‥。
ある意味《過去最強の布陣》であります。
はい、技能的に稚拙な面も多々ありますよ。
けれども「番組作り」にかける責任感は、まさにプロレベルの兵(つわもの)揃いであります。

やっとここまで来たか‥。(かなり本音)

出会いという点では「強運の持ち主」だなぁ俺は‥と、まだ見たことが無い神様とやらに感謝してみるか。
posted by 榎田信衛門 at 20:42| Comment(0) | 008雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。