2010年06月08日

RABJ日本ラジオ広告推進機構の終焉

RABJ日本ラジオ広告推進機構というのは、在京ラジオ5社を中心に全国ラジオ局80社により構成されるラジオ広告の普及啓蒙研究などを行う任意団体でござる。2004年に発足した。

RABJでは、ラジオ広告に関する気の効いたセミナーだとか、データ収集&調査なんかをやっていて、Web会員になれば無料でデータを閲覧できたり、それなりに役立つ団体でござる。

しかし、ラジオ広告の落ち込みは、このRABJの屋台すら維持できない程に悪化してたんだなぁ。
遂に今年9月にRABJは解散することになっちゃった。

普段から「ラジオ広告はもう駄目」と公言して憚らない私ではあるが、読者及びリスナー諸氏がご推察の通り、それは『ラジオに対する愛着』があってのことで、いわゆる叱咤激励のつもりでござった。

とは云うものの、自浄能力、自己改革能力‥それらが極めて鈍重な放送業界に於いて、最早救世主の出現など、期待するだけでナンセンスとも云える。

日本のラジオ業界は遂に『自殺局面』に入ったのかもしれない。
posted by 榎田信衛門 at 16:01| Comment(0) | 008雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。