2011年03月24日

震災はFMCをも揺らす。

毎日考えることがいろいろある。
正直脳味噌が休まる時間が殆ど無い。
疲れてはいるが、眼光爛々で、意気軒昂でござい。

私の顔を見て「平時は《冴えないおっさんモード》だったのに、いきなり《ヤル気満々の顔つき》になっている」と評する御仁も多い。
乱世に強い男は私のテーマでござる。蓋しヤル気満々でござる。

だが悩みもある。あらら。

被災地の皆様に「がんばれー!」と震災発生直後から叫び続けてきたが、肝心の被災地には届かない。※通信インフラの回復を待つのみ。
仮に届いたとしてもそれに耳を貸せる余裕はまだないだろう。
そこで我々はオンデマンド放送の強みを活かし「落ち着いたら聴いてね!」でとりあえずお茶を濁した。
でも届けたいという想いは変らない。だからやり続けている。
バカにされてもやり続けてやる!

バカ‥
バカ‥といえば菅直人。
そうバカ政権だ!

此度の震災は、中央政府の無策ぶりとそれを検証できないマスメディアのテイタラクによって、広く国民全体がジワジワと酷い目に遭うというまさしく国難である。

もっともバカなのは官邸とマスコミで、復旧作業に直面する現場レベルでは、皆必死になって「なんとかしよう」と踏ん張っている。
その姿を思うだけで涙がこみ上げてくるぞ。

現地で、最も市民に近いメディアとして「コミュニティ放送」が頑張っていると訊く。
愚かなマスコミが厭らしい映像と役に立たない大本営発表の情報を垂れ流す中、次第に「コミュニティ放送」としての自らの使命に気付きつつある局もあるらしい。
所謂マスコミを矮小化したニュース配信代行業としてではなく、現場の生きた情報を自ら集約し、それを整理してスピーディーにばら撒くというまさに純粋メディアと化すことを意味する。

そんな話を訊いて、私は悩んでしまうわけだ。

『FMCはこれで良いのか?』

平時はおバカ番組のオンパレードでいいさ。
でも結局俺達は非常時になると顔つきが変るんだな。
そう、顔つきが変ったのは俺だけじゃなかった。
マスタード☆鶴田も、エアポート成田も、ラ・パルマ絵美も‥‥結局全員の顔つきが変った!
ピナツボめぐみが云った‥「FMCに入って初めて、人に何かを伝えている実感がある」
大分駅で津波警報による足止めを喰らったセントヘレンズ理恵は「早く何かを伝えたかった」と呟いた。
何かと面倒くさがるキラウエア裕子が震災発生当日あれだけ長時間の番組を自ら進んで担当し続けた‥。

‥FMCの中でいま何かが変りつつある。

それは、5年前から水面下で研究が進められているFMC補完計画の拘束を解くことにつながるのか?
それとも、FMCがその使命を終えて何かしら次のプロセスに移行することを意味するのか?
‥って書くとエヴァかぶれに思われるのでハッキリ書こう(笑)。

実は、FMC部内ではコミュニティFMを新たに作るという「実現化研究」が5年前から水面下で進められており、
ほぼ完成されたプラン(技術・編成・総務・営業・経営計画)が出来上がっておる。
開局するならココ!という場所まで選定されておるのだ。※ちなみに熊本市ではない。
これを「研究プロセス」から「実行プロセス」に移行するのか?
それとも理解ある既存局との融合を目指すのか?

いずれにしても、この震災がFMCをそして私の人生を大きく動かすことだけは間違いなさそうだと思っておる。

ご意見ある方、何ならその梁山泊に加勢しちゃろーか!という方、いろいろコンタクト待っちょるぜ。

gambare.jpg
posted by 榎田信衛門 at 03:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。