2011年06月04日

FMCに入って菅の悪口を言おう!‥笑

top_logo.JPG

FMC_KOMBINAT(ウェブラジオFMC、ウェブテレビ月テレ)では年中365日&四六時中お仲間を探し続けて35年(長っ‥笑)。
かつて応募電話が殺到して輻輳状態になったことがあるFMCも(※ほんとだよ。1983年4月の出来事だ。)
ここ数年、人手不足気味&高齢化傾向でございます。

まぁね、番組減らせばいいことなんですけどね、
バカだから増やしちゃうんです‥笑。
よせばいいのに「生放送」とか「テレビ」とかにも手を出しちゃうんです。

その上、率いているのが私とかマス☆鶴、キラ裕とかのアラフォー+アラフィフ世代でしょ。
そこら辺の同世代の堅気の皆様と違って、べら棒に思考回路が漫画なおっさんおばさんですから、それはもう滅茶苦茶です。

平均年齢も上がりっ放しではありますけんど、それはそれでいいんです。もう諦めました‥笑。
世代の問題じゃないってことはよーーーく分かってますから。
若くてもダメな奴は佃煮にできるほどいるし、中高年でもしかり。
「私、多分、漫画的柔軟思考だと思う‥」てな御仁でありましたら、基本、年齢不問でございます。

昔は「来る者いとわず、去る者追わず」という不文律があったFMCですが、
ここ数年は「来る者一応吟味す、去る者は追わず」となっておりました。
これがほんのちょい変りまして「来る者いとわぬが三ヶ月は全員見習、去る者追わず」と相成りました。

てなわけで、柔軟思考な30代40代ウエルカムでんがな。
もちろん20代の活きのいいのも大歓迎でござい。
週1回1〜2時間程度の余暇がある方(但し熊本市又は近郊在住に限定)なら応募資格有デス。

◆エントリーはこちらから→http://www.fmc.or.jp/etc.html
posted by 榎田信衛門 at 12:39| Comment(0) | 008雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

菅直人は凄い!

kannaoto.jpg
鳩山と小沢という邪魔者を事実上スクラップ状態にし、
目障りな野党からの不信任カードを今後使えないように無効化し、(今国会中)
なんだかんだ云って《誰も辞めさせられない》堅固な基盤を作っちゃった菅直人は凄い!

復興復旧作業が大幅に遅延しても、その報告を耳に入れないシステムを構築し、
何を云われても「足らないことはあったかもしれないが、それでも私は頑張ってる」と突っぱねる面の顔の厚さ。
やっぱり菅直人は凄い!

尋常でないマルチタスクを全て自分の決済で進めようとする。(かつてヒトラーがそうやって結果国を滅ぼした)
それが作業遅延の最大の問題だとかいろいろ云われても「適材適所人員を配置してやっている」と突っぱね、
しかしよくよく調べてみると「指揮系統が全く構築されていない」という驚愕の事実が明らかにされると、「大丈夫!がんばります」とシラを切る図々しさ。
やっぱり菅直人は凄い!

なんでもダラダラやっておきながら、
「辞めてもらうぞ」という周囲の動きが活性化すると「やります。やってます。やってるじゃないか!」と他者の要求をそのまま飲み込むだけでなく、
さも自論であったかのようにその言を頂いちゃう。
やっぱり奸‥あ、間違えました。菅直人は凄い!

本来なら、復興担当全権指揮官(肩書きは何でもいい)を任命し、
その下に地域担当指揮官を置き、
とにかく復興はそのチームに任せ、
自分はこれからの日本‥とりわけ、近い将来発生が予測されている大地震、エネルギー問題など「国づくり」の骨子をまとめるという大仕事を迅速に進めにゃならんのに、
そういうことを「全く」やっていないで涼しい顔をしていられる菅直人は物凄く凄い!

そしてそういう菅直人内閣をいまだ支持している数%の日本国民の皆様については‥。
申し訳ない。その思考回路が私には全く理解できません‥爆。
posted by 榎田信衛門 at 14:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

「日本甦生(にっぽん・そせい)」

rebirth-japan.jpg

私は、本日より「日本甦生(にっぽん・そせい)」で参ります。
※ロゴはご自由にお使い下さい。
※原盤はココ(デカいよ)→http://www.fmc.or.jp/rebirth-japan.jpg


「がんばれ」「がんばろう」と云う言葉が乾いて感じてしまうこの国のテイタラク。
震災発生から2ヶ月も経ってるというのに上はほんとうにダメすぎる。

震災だけではない。
結果、原発災害によって、日本はほぼ死んでしまった。
※敗戦を認めるくらい「嫌なこと」ですが、事実そうだろ。

これからこの国の未来を背負う子ども達に「誇れる国」をもう一度作り直そう!
そんな意味も込めました。


甦る日本!
甦らせよう!日本
posted by 榎田信衛門 at 00:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。