2011年07月04日

九州人として迷惑な松本復興相

松本復興相の発言に抗議殺到
http://mainichi.jp/photo/news/20110704k0000e010063000c.html

この松本という自称九州男には困ったものだ。
こんなケツの穴が小さい奴が九州男児だと思われると非常に迷惑である。

プロフィールを見れば元々社会党出身で部落解放同盟寄りの土建屋という胡散臭さ。
腐臭ぷんぷん。いやぁたまりませんなぁ‥笑。

問題になっている宮城県村井知事との会談での恫喝。(動画参照)

松本大臣を先に部屋に通してしまった事務方のポカ(にしても大したポカではない)が爪の先ほど悔やまれるけれど。
‥にしても「お客さんが来るときは自分が入ってからお客さんを呼べ。いいか。長幼の序が分かってる自衛隊なら、そんなことやるぞ。」
ふふふ。嫌味たっぷりな御発言。なんと大人気ないことか。

ちなみに村井知事は元自衛官しかもヘリパイロット(エリート!)だ。
震災発生時に矢継ぎ早に指示を出した戦時司令官たる気風を持つ。

方や松本大臣についてWikipediaから引用すると‥。
・防災担当相を拝命しているにもかかわらず「官邸に引きこもって閣議後の定例会見すら開かない。
・取材対応も記者との立ち話程度で、原発のことを聞くと『私は担当じゃないから』と逃げる。何をやってるのかさっぱり分からない。
・ボンボン育ちで、修羅場をとても仕切れない。
・地震発生時にはパニックに陥り、以来、会見もできない。
・官邸の危機管理センターに詰めていた松本氏がまったくの役立たずで、自衛隊の初動が遅れた。
‥と記されている問題大臣である。
そいつが偉そうに自衛隊出身知事ってことで社会党臭ぷんぷんの嫌味発言である。

本当の大人だったら、たかだか1分32秒待たされたくらいで文句は云わない。
むしろ逆に「現場は大変でしょう。私は待つのは構わないから、やるべきことをしっかりやって!一緒に頑張りましょう!」と激励の言葉を投げ掛けるくらいの器であってほしいものだよ。(俺なら間違いなくそうする。)

現場の士気を高める方法はいくらでもある。
そして士気を弱める方法もいくらでもある。

震災発生以来ウォッチしていて「民主党って士気を下げることにかけては筋金入りのプロフェッショナルだな」と確信。



(追記)
所謂普通の大人の接遇。
posted by 榎田信衛門 at 15:50| Comment(0) | 008雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。