2011年11月09日

『Kumamoto Bartenders Choice/4th』

kbc_b.jpg

Kumamoto Bar Society(以下KBS)が、年に1回プロデュースしているウイスキー『Kumamoto Bartenders Choice』の第4弾(4th)がついに完成!
11月18日(金)いよいよ発売開始と相成ります。

『Kumamoto Bartenders Choice/4th』は「本坊酒造」の卓越した技と在熊バーテンダー有志の渾身のテイスティングが生み出したブレンデッドウイスキーでございます。
ちなみに本坊酒造と云うと本格焼酎をイメージしがちですが「マルスワイン」「マルスウイスキー」などを幅広く手がける総合酒造メーカーなのです。

長野県の「マルスウイスキー/信州ファクトリー」に眠っていた樽の中から厳選したウイスキーを贅沢に使用。
長野と熊本に新たな絆が生まれました。

さて今回、ラベルプロデュースを担当したのは「Bar:Colon」の鶴田マスター(マスタード☆鶴田)であります。
※ラベルデザインはバーテンダー持ち回り制なのです。

ほいでもって鶴田プロデューサーから「アートディレクション」の勅命が下ったのが何を隠そうこの私・榎田信衛門。

私、デザイン自体は本業ではないのですけれど、実は広告デザイン‥いろいろやった経験ございます。
けれどもお酒のラベルは初体験。ゾクゾクします‥笑。

鶴田プロデューサーからの主要オーダーは次の3点。
・信州ファクトリーで見た鉄製蒸留器の味のある「鉄錆」の雰囲気。
・720ml瓶(4合瓶)を使用するので「四合」と明記したい。
・KBSのロゴを入れたい。

それからラベルとの格闘が始まりました。
酒瓶の宝庫でもあるBar:Colonでは棚にズラリ並んでいるラベル達を頭の中に焼付け‥
味のある鉄錆を探していろいろリサーチしたり‥

そして辿り着いた「鉄錆」がこれ。
kbc_c.jpg
これ、かつて鹿本鉄道の菊池川橋梁だった鉄橋なんです。山鹿市「水辺プラザかもと」に保存されているものです。

あとは一気にデザイン。
完成までに何度か印刷所やら何やらデータのキャッチボールを行い完成と相成りました。

kbc_a.jpg

これまでシングルモルトだった『Kumamoto Bartenders Choice』ですが、今回「4th」はブレンデッドウイスキー。製造本数がドンと増えます。多くの皆様に手にとって頂けることと思います。

自分がデザインしたボトルを手にするのって、滅多にない経験です。
本当に貴重な経験をさせて貰いました。

機会を下さったBar:Colon鶴田氏、そしてKumamoto Bar Society藤木会長(BAR SANTE)をはじめメンバーの皆様に心より御礼申し上げます。

(耳寄り情報)
11月13日(日)長崎書店3Fリトルスターホールで開催される『bar lente 5th Annivwesary party』で『Kumamoto Bartenders Choice/4th』が先行販売されます。一足早く飲みたい人はぜひどうぞ!


☆広告デザイン等のご用命承ります。何卒宜候。(榎田信衛門)



追記(2011.11.12)
発売が少々延期となりました。(12月上旬の予定です)

その理由は下記番組で‥

「深夜快速土曜版(2011.11.12放送分)」


posted by 榎田信衛門 at 23:19| Comment(0) | 008雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。