2012年02月10日

15秒の壁はベルリンの壁。

テレビCMが基本的に15秒単位ってことはよく知られたことですが、
今やその15秒が如何にも中途半端なんですな。

結局伝えきれない事柄を「○○で検索」という二次アクションに頼ってしまったり、思い切ってテレビCMを止めちゃったり。

15秒ではイメージ広告は出来ても、情報告知(売り出しとか、新製品紹介とか)には不十分。開催日を連呼として終わりとかね。

ローカルのスポンサーでイメージ広告をやってるところなんかほんの僅かで、殆どは情報告知でしょ。で15秒だから伝わんない。

その間隙を突いてテレショップは堂々と60秒とか使ってしつこいほどに情報告知をやっちゃう。けれど普通のローカルスポンサーにそんな体力はない。
テレビのセッツインユースも下がる。広告を出す魅力も下がる。でも宣伝はしたい。ああ悪循環。

そこでこんなのは如何?
A社、B社、C社、D社のCMを一纏めにして60秒にしちゃう。強引?(実はこの手の強引手法。いろいろ考えてございます‥。)
コラボCMって可能性あると思うんだけどなぁ。

ある程度ウェブでのページビューが稼げている会社だったら、それこそ長尺CMを動画配信しちゃうとかね。いろいろ出来ますよ。長尺作るほど制作費が無い?‥。ご安心を!私たち「cinematograph-lunedi」がお助けしましょう。

まぁそのうち15秒の壁なんてものは、他メディアの台頭によって過去の遺物になっていくことでしょう。
第一、15秒に凝り固まってるのって今や日本のテレビくらいですぜ。ぶち壊しましょう。

そんなあれやこれやに「cinematograph-lunedi」がお役立ち!

自社の告知をより効果的かつ安価にやっつけちゃいたいステキな担当者様からのオファーをお待ちしております。

blogicon.jpg
posted by 榎田信衛門 at 01:48| Comment(0) | 005業務内容は | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。