2010年07月29日

放任主義2010

元来FMCは「放任主義」である。
《自分を磨きたければ勝手に磨けば良いし、腐らせたければご勝手に。磨く材料は山ほど揃っているので、使いたい人から順番にどうぞ。》というスタイルである。

10代とか20代前半の若いスタッフが多数を占めていた頃は、この放任主義が思いっきり裏目に出てFMCの発展を阻害した。
しかも「おゆとり様世代」の一角だったこともあり、磨かなくても光ってるくらいに思い込む弩素人の糞ガキが生意気にふんぞり返っていた。
ろくすっぽ勉強もしてないくせに「大丈夫っすよ」なんてデカい口を叩き、結局出来ないと「だって教えて貰ってないっすもん」と嘯く。
あいつら今頃30代半ばか‥。少しは世の中に揉まれて大人になっているかねぇ。

2010年。今でもFMCは放任主義を貫いております。

高齢化著しいFMCでござんす‥笑。
なんたって私榎田と同世代ゴロゴロ‥と云う、かつてない怪現象。
近年稀に見る「妙にテンションが高い世代」と云われる『38組(1970年4月小学校入学組、1963〜1964年つまり昭和38〜39年生まれ)』を筆頭に、「ヘドラ世代(1970〜75年にかけて小学生だった世代、怪獣ヘドラより榎田信衛門が命名)」がノリノリで牽引している現状。実に不気味である‥笑。

私らヘドラ世代は、面白そうなものを見つけたら徹底的に遊び倒す芸当を身につけた世代でござんす。
「放任主義。OKよん!ちゃんと自習ができる子やけんね!」でござい。

しかも、そこそこ発達した情報網(多くはマスコミですけんど)によって、他者より多くの知識を身につけることに喜びを感じてしまう、ある意味自分磨きの達人揃いでござんす。
公害だけでなく熾烈な交通戦争、テロ、受験戦争、荒れる学校、テレビの黄金期、ノストラダムス、そしてバブルも経験しちょります。無茶な金遣いも知っている。
少々のことでは動じない達観まで備わっている。
なのにガキっぽい。
カラオケがなくても歌が唄えるガキっぽさ。「明星の歌本で鍛えてるもん」「いや俺はヤングセンスだったな」という寸法。
何処でも踊り出すガキっぽいノリの良さ。「SONYのZILBA’P持ってたもん」「SANYOのU4で踊った」という寸法。
枚挙に遑(いとま)がない。

閑話休題。
ガキっぽいけど、自主的に頑張っちゃう世代。
あんまり内輪で誉め合うのは如何かと思うが、マスタード☆鶴田にセントヘレンズ理恵‥ヘドラ世代の頑張りは凄かろ!
それに続く「ジョーズ世代(1975〜1980年つまり昭和50〜55年にかけて小学生だった世代、映画ジョーズより榎田信衛門が命名)」もガキっぽさは少々薄れるけれど、相当にパワフルでござる。
総じてアラフォーと呼ばれる世代の異常さは、ガキの頃に培った「ガキっぽさ」の磨り込みによるものかもしれぬとシミジミ‥。

さてさて、現在FMCの放任主義は割りとまともに回っている。
極めて稀なケースではあるが、放任主義を隠れ蓑にして周囲に嫌な思いをさせておきながら後ろ足で泥をぶっかけて出て行く輩(自由と自我と自立の意味、つまり人の道が分かってない中途半端なオトナ)もいるが、どうせ使えない奴だから痛くも痒くもない。

さっき東京ワープ社のエマニエル冨阜とヤボ用の打ち合せで長電話。
彼奴が云う‥。
「師匠。端から同世代の人達だけ入れるようにして若いのは全部落としていたら、今頃自社ビル建ってますよ」
痛いところを突かれて一瞬ムッとしたが、なんとなく当たってるだけに「だから《今》なんだよ!」と答えるのが精一杯だった‥笑。
posted by 榎田信衛門 at 16:12| Comment(1) | 008雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何だかよく分かるような気がします。
最近の若い奴なんて、言いたくないんだけど…

1962年生まれの僕にとっては、じれったくて仕方ない。
そのくせ…

ああ、みなまで言うますまい。

あと20年は、我らが引っ張らんといかんかも?
確かに… 不気味である(笑)
Posted by わらしべ親父 at 2010年08月09日 07:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。