2011年10月06日

AppleとFMC/ジョブズ氏を悼む

それまでNEC PC-6001mkIIを皮切りにEPSONの98系PCを中心に幾つかを使ってきた。
文書作成用途だったりDTM用途だったり‥。

インターネットが目の前にぶら下がってきて最初に買ったのはAppleの『Performa 6210』だった。
とにかく簡単そうだったので‥。
初心者向けのローエンド機であった。
ネット初心者である私にもとっつき易いPCであった。

ちなみにこの機種からFMCのウェブラジオ化がスタートしていることもあり、我々的には記念すべき1台である。(※FMC放送記念物として動態保存されている)

FMCは、ここからしばらくApple路線を走り始める‥。

『Performa 6210』が非力に感じ始めた頃に導入したのが『Power Macintosh G3/MT/266』だった。
ZIPドライブが付いていてそこそこのデータ保存に役立った。
番組データのエンコードなどは、それまでとは比較にならない高速処理に感度したものだ。(※FMC放送記念物として動態保存されている)

同時期、屋外用途で『PowerBook G3』も導入。(※FMC放送記念物として静態保存されている。つまり壊れている‥笑)

次に導入したのが『eMac』だった。
とにかくOS-Xが嫌いだったので、ずっ〜とOS-9で動かしている。
実は2009年までFMCのウェブグラフィク用途で第一線にいた。
現在は予備機という扱いではあるが私のデスクに鎮座している。

以降、とにかくMac OSが生理的に受け付けなくなったのと、経済面とかいろいろで、Appleから宗旨替えをしたのが2003年。
現在FMCスタジオには、2台のデスクトップと2台のノート、1台のミニノート‥計5台のWin系PCと『eMac』がいて、我々の制作活動を支えている。

何れにせよ、FMCウェブ化その黎明期から発展期までを支えたのはAppleの製品であったことは紛れも無い事実。それを産んだスティーブ・ジョブズという偉大な人物に心より敬意と追悼を表したいと思う。
posted by 榎田信衛門 at 14:56| Comment(0) | 008雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。