2011年11月27日

非常識と狂気のススメ

立川談志が死んだ。

チラッと見たテレビ(NEWS23出演時の映像)で「テレビからプロの芸人が居なくなったと云いますが、本来芸人というのは《非常識》なんです。ところがテレビが常識化しちゃって、出てくるものは常識あるいは半常識のアマチュアもしくはセミプロの芸人ばかりになってしまったんです。」と極めて冷静に語る姿があった。
全面的に肯定はしないが8割以上賛同できる。

話はガラリと変る。

私は芸人ではないが、何かしらパフォーマンスする以上、そこには非常識?‥ひょっとしたら弱毒化した狂気が必要だと考えているし、事実そうしている。
これまでFMCに入ってきたアマチュアの中に狂気がある奴は殆どいなかったが、ここ数年の様変わりは酷い‥否、面白い(笑)。

徐々に狂気集団(あくまで芸として)に変貌しつつあるようで、なかなかムフフなのである。

最初、マスタード☆鶴田の心地良い非常識、心地良い狂気に触れた時。何かが起きると思った。
「さしより」等で出会った他のバーテンダー達も概ね「素晴らしい非常識人」のラインナップであった。
同病相哀れむ。私は一発で馴染んだ。

すぐに榎田信衛門・マスタード☆鶴田のW非常識が共鳴しはじめた。
次第に周りの善良なスタッフ達も良い意味での狂気に染まっていく。(←いまここ)

ちなみにFMCで一番の常識人はエアポート成田ね。
奴は、極めてストイックな縛りの中で真面目に狂気を演じるものだから日々の精神疲労が酷い。
だから酒と言うトランキライザーが一定量を越えると縛りがなくなり、壊れる‥笑。
それを哂って眺めている我々のまぁ非常識なこと!(全てネタにする)

時々、我々非常識人が酔ってリミッターが外れるとこうなる。



なるほどマスコミ(特に地上波テレビ)には乗せられない‥笑。
しかしネットがある。いい時代になったものだ。
posted by 榎田信衛門 at 13:50| Comment(1) | 008雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by 職務経歴書の書き方 at 2012年01月21日 11:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。