2007年05月21日

「ラジオパーソナリティ・ディレクション無料講座」を開催します。

ウェブラジオFMC(http://www.fmc.or.jp/)が『ラジオパーソナリティ・ディレクション無料講座』を開催致しま〜す。

ラジオ番組の制作に興味がある方。将来この分野で働きたい方、尚且つ《ウェブラジオFMCにボランティアスタッフとして参加したい方‥これ大事!》などなど一般社会人・学生の皆さん・怪しげな新興宗教を脱会した方・堅気になりたいヤクザの方(笑)を対象にした入門講座でござんす。

講師は不肖わたくしめが務めまする〜。

・ラジオとテレビの決定的違い。
・中央と地方のマスメディアそして自主独立メディアの特徴。
・番組作りのABC。
・駄目な番組はこうやって作られる。
‥などなど超盛り沢山な内容でお送り致します。

■日時/6月29日(金)19時半開講(21時終了)
■会場/国際交流会館(熊本市花畑町)・3F研修室2

■講師/種田守倖(メディアプロデューサー、FMC代表) ☆プロフィール(Wikipedia)

■受講料/無料
■対象/一般、社会人、学生など(資格不問)

■申込・問合/ウェブラジオFMC(tel:096-366-5407)
☆会場の収容人数に限りがありますので、お早めにお申し込み下さい。

※ここだけの話ですが、翌30日(土)の午後から「昼の部」を大江市民センター(熊本市立図書館のお隣り)でやる予定です。夜はどうしても都合がつかぬ‥という方はこちらにどうぞ。
posted by 榎田信衛門 at 15:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 002やってみたい!を語ってみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

エデュテインメント一筋!

エデュテインメント‥edutainmentと書きますが、「エデュケーション(教育)」と「エンターテインメント(娯楽)」の合成語でござんす。
相当端折って云えば「楽しく学ぶ」ってことになります。
※何度もこのテーマで書いてますので「またか」と思われるかも知れませんが、まぁ許せ。

しばらく私はエデュテインメント番組専門(っぽい)コンセプターとしてこの世界にどっぶり浸かっていたわけですが、お陰で足が抜けなくなっちまいました‥笑。
だからしつこく書くのです。

立ち上げ時に参加した『平成教育委員会(CX)』がまさしくエデュテインメント番組の走り。
あ、もちろんそれ以前の『クイズ面白ゼミナール(NHK)』なんかも一応当てはまりますが、より娯楽性を高めたという点では平教委の方がエデュテインメント的と云えるでしょう。

さてさて私、根がふざけた人間ですので何でも茶化しちゃいます。小難しいことも茶化します。そのお陰で《エデュテインメント脳》が発達してしまいました。
呆れられるくらいお馬鹿なアイデアが湧いて出てきますしね。制作意欲も暴発寸前まで蓄積しちょりますよん。
もっとも私1人で出来ることは知れちょるわけで、今スグやれることは講演とか執筆活動とかに限定されますが、も少し人的パワーが結集すれば、イベントとかメディアを使った新たな展開などが出来るようになりましょう。
FMCスタッフの皆さんが「よ〜しParaTを馬車馬のように働かせて一儲けしてやるべ〜!」と多少なりとも私欲を出してくれたら結構短期間に楽しいことが出来るんですけどね。どーーもこの点に於いてのみ彼等は非常に禁欲的でありまして「偉大な首領様にそげなことをさせたら申し訳なか(嘘)」と小さくまとまってしまう。あ、これは現在劇的に改善しつつありますけどね。現行スタッフ諸氏の押しの強さは史上最強(当社比)ですから‥笑。

あ、エデュテインメントでした‥。
私、ローカル番組にこの手法を用いたものが極めて少ない現状を見るにつけ「あったま悪ぃなぁローカル局め。グルメネタしか拾えねぇのか」と罵っておりますし、
熊本のような地方都市(田舎とも云う)にゃ知的好奇心をくすぐるイベントが非常に少なく、あったとしても「凡そエンターテインメントと云うものを分かっていない極寒イベント」とか「脂気無しレフトウイング風パサパサ企画」ばっかりで、知らずに参加しようものなら「嗚呼‥またしてもHP(ヘルスパワー)を浪費してしまった〜」とガックリきて終わりでござい。

でもね需要はあるんですよ。田舎に供給者が居ないだけ。

エデュテインメント‥気楽に知識を増やすことが出来るということで、私は極めて《日本的》な手法だと思っています。
何故《日本的》なのか?
そのココロは「日本人がとってもお勉強大好き&洒落好き民俗だから」であります。

かつて封建的な身分制度が明確に存在していた頃。
都市部だけでなく農村漁村にも「寺子屋」っぽいものは当たり前に存在しておりました。
読み書き、算盤の類はもちろんのこと、道徳、科学に対する民衆の向学心は旺盛で、それこそエデュテインメントな書物などが多数著されております。
最近の『アハ体験』を娯楽の一つとして日常的に愉しむ人々も沢山いました。
アジア諸国の中で突出した識字率の高さは昨日今日始まったわけじゃない。数百年の蓄積なんですよ。

その「楽しく学ぶ」という意識が次第に融解していき、日本人は白痴化の一途を辿っています。
教育の制度疲労や社会全体のつまらぬテンプレート化によって「自分の頭で考えない人」が漸増しているここ十数年‥と断定する私。
滅ぶぞ日本。

正しい教育者は必死に踏ん張れ。
正しい為政者は必死に踏ん張れ。
私はあんまり正しい人ではないけれど出来ることで踏ん張る。

私に出来ること‥それがエデュテインメントでござい。
まずはイベントから始めるのさ。もちろんメディアを絡めたものでもいいんだけど、それはマンパワー次第。
トークライブ、講演会みたいなスタイルをベースとしたエンタで始めましょうか。しかも定期的にね。
私、斬り込み隊長になります。
一緒に斬り込むスピーカー(発言者‥何らかの専門分野がある人。何でも良い!)、イベントプロデューサー、広報ディレクター、マネージャー(入場料取りますけんね。経理事務ができる人。)などスタッフが必要です。
他県在住の同志諸君は自分の地域で同様な組織を作ればよろし。
いつか全国一斉同時多発ゲリラをやろうじゃないか。

我々「熊本隊(FMC)」は4月から始めます。
で、この組織をNPO法人化させます。(ウェブラジオFMCはその一部門にすればよろし)

だからみんな手伝っておくれよ。
マンパワーをFMCに結集させて欲しいのだ。
そのまんま東だって当選したじゃないか。
何かを変える局面を創るのは愉し。
(※私は政界に興味はありませんからこの点のみご安心下さい‥笑)
posted by 榎田信衛門 at 23:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 002やってみたい!を語ってみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

我流で徒党(その1)

早いもので、もう20年近く前の昔話になりますが‥。
いろんなジャンルで尖がった7人が徒党を組んで、全員社長!になったことがあります。
なななんと!一度に会社を7社立ち上げちゃいました。※東京での話。

・企画会社(コンセプティング、グループ統括指揮命令本部)
・技術会社(映像・音声専門、人材派遣)
・照明会社(舞台・スタジオ照明、施設照明コンサル、人材派遣)
・演出会社(番組・CM等のディレクション、人材派遣)
・人材育成・リサーチ会社(高校生対象講座、若者対象マーケッティングなど)
・財務会社(そのまんま会計事務所)
・何故か自動車整備会社(まんま整備工場です)

当時の「分割民営化ブーム」を頂いちゃって、それぞれの得意分野を独立採算と割り切って作った企業グループということになります。
グループ設立当初は、全社合計で僅か15人しか社員がいない「零細企業」なんですが、それでもグループ‥笑。
ビル1棟まるまる「貸切」なんで見栄は張れました。

ちなみに私は、企画会社の初代社長兼第2代グループ議長でござんした。
借りていたビルも、縁あって激安譲渡され見事に自社ビル化!(バブル期なのに奇跡ですよ)
番組だのCMだのバンバン決まって、そりぁもう快進撃でありました。
リサーチ関係事業も軌道に乗るし、自動車整備も絶好調。
なんと不動産コンサルまで手を出し、実際大儲けでありました。
※人生のバブルというのがまさにこの頃‥嘲。

しかし、長続きせんかったなぁ。
いえいえバブル終焉はあんまり関係ありません。
仕事自体は極めて順調だったんですけどね、内政に問題勃発です。
独立採算というのは、なかなかシビアで良い面もあるのですが、会社が高回転し始めて、それぞれ資本が変動したりしますとね、グループとしての箍(たが)が急速に緩んでいきます。
人的交流も疎遠になったりで(同じビル内なのに)‥。

大きなグループ企業の資本主従関係とは随分趣きが異なりまして、トップ同士の不仲なんてものが簡単に会社同士の不協和音になっちまう。いやぁこれには参った。
結局グループ体制は7年ほどで事実上瓦解であります。
私も当時のグループ執行部と戦略策定を巡って大喧嘩。結局、辞表を叩きつけて福岡に独立した出城を作ったりで(彼奴等から「お前は足利尊氏か!」と罵られましたよ‥笑)、まぁその後のことは知ったことじゃないのですが、折角手に入れた自社ビルも放出し、現在は散り散りばらばらです。皆様お元気でしょうか?‥笑

さてさて‥。
私はね。今、この《間逆》を考えています。
いわゆるビジネスパートナー云々みたいな曖昧なものではなくて、この際1つにまとまっちゃおうというスタイル。
FMCみたいなコンテンツ作り超得意軍団と、それと全く関係ない《異分野の軍団》が「合併」しちゃったら、さぞや面白かろうなと‥ね。

そのココロは、そのうち改めてお送り致しましょう。
posted by 榎田信衛門 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 002やってみたい!を語ってみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。