2010年02月04日

エフエム多摩、3月で閉局。

(報道)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyotama/news/20100203-OYT8T01296.htm

(エフエム多摩オフィシャルサイト)
http://www.fmtama.co.jp/

また一つお亡くなりになるそうです。首都圏では初!
そう云えばここを立ち上げたスタッフさんと函館で名刺交換したっけ。

放送エリアを見れば、結構な商圏じゃないの。
どんな経営やっとったんだろね。

広告料金を見れば、よくある似非マスコミ価格。
スタジオ写真を見れば、よくある似非マスコミ機材。

「はい。ひと目見て《だめだこりゃ》‥であります」

小規模放送の難しさを知らず、
小さきものだと舐めてかかった経営陣の体質がよく分かる。

でも、もっともっと潰れるだろうなぁ。
似たような経営感覚のところが大多数だから。
posted by 榎田信衛門 at 14:33| Comment(0) | 004こんな会社もありますね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

広告に関する私的原理

何処とは申せませんが、
いつぞや4日間ほど在籍させて頂いた会社が求人を出してるのを偶然発見。
広告・広報部門の責任者の募集でござんす。(私の担当だったやつですね‥笑)

4日で辞めたきっかけはズバリ「これ」ですが、それ以前に、そもそも「広告」というものに対する経営者のイメージと社員(烏合の衆であった‥笑)が持つイメージとの乖離。これが決定的に開き過ぎで「嗚呼こんなのの調整役やらされるくらいならFMCを率いて暴れている方が遥かにやり甲斐を感じるじぇ」と直感したことが大きい‥。

経営者は主力商品の長所も短所も流石によく理解していて、長所を一般大衆に如何にして伝えるか?をテーマとしていた。
一方、社員達は主力商品の短所ばかりを気にかけていて、半ばビクビクしながら、長所云々よりも販売者たる自らの善良さばかりをアピールすることに躍起になっていたようでした。
4日間、私は空気(比喩ですよ‥笑)の入れ替えを呼びかけましたが、経営者の顔色を気にして身動き一つしない。
要するに烏合の衆であります。
だめだこりゃであります。

経営者はこの点を何とかしようと考えてたんでしょう。
そこでメディア畑から私。財務のスペシャリストを1人。同時期に引き込んだわけです。
ただ残念なのは、組織を作ってから引き込んで欲しかった‥笑。
(本当はもっと細かいことをいろいろ書き連ねたいところですが、どこの会社かバレるのもマズいですしね。かなりボカしております。許せ。)

求人か‥。
ほほう。会社データを眺めると、一緒に入った財務畑の彼も辞めちゃったご様子。(何故分かるかは内緒‥笑)

そうそう‥広告ですね。
私、嘘つくの苦手です。なので本来広告業には向いていません。
ただ、短所を逆手にとったり、長所をビローン!と多少伸張して(これを誇大な表現と言うのですけどね‥笑)アピールするのは大得意。
こういう仕事だったら大歓迎。



『信毎ホームページ大賞2007』FMCに投票して下さ〜い。
☆ウェブ投票はこちらから‥。(FMCは、ライフ/情報部門です)
      ↓

信毎ホームページ大賞2007
posted by 榎田信衛門 at 23:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 004こんな会社もありますね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

FMCは、おでん鍋です。

どういう風の吹き回しでしょうか?ウェブラジオFMCボランティアスタッフ募集への応募者が増えておりますよ。

思い起こせば、去年の今頃は《末期の新自由クラブ‥笑》みたいなジリ貧状態であったわけですが、
今春以降徐々に回復基調にあって、現在では《新党さきがけ‥爆》くらいには何とか持ち直しております。

もっとも、ただ増えれば良いというものではなくて、
FMC独特のカラーと言いますか、妙〜なチューニングに、ある程度合った方でないと、土台続かないわけです。
でもまぁ、そういう人がポツリポツリと現われてくれている現状は、実に嬉しい傾向なのでござんす。

人が増えれば、知恵も増えます。
よって番組などのコンテンツも増えることでしょう。
イベントやショップの運営もより強化されます。
楽しいぢゃないか!

かつてFMCは『大いなる放任主義』と言われ、頑張りたい奴だけが勝手に頑張る!というスタイルを標榜していました。
とは言え、このスタイルはですねぇ、放任主義の名を借りてはいるものの、その実《目茶目茶厳しい実力主義》ということになるわけです。
余程強い意欲を持った稀有な人物でもない限り、続かんのですよ。
※古くからのリスナーさんはよ〜くご存知でありましょう。

じゃ現在はどうか?と言いますとFMCは今『おでん鍋』スタイルなんですねぇ。
これはね。《FMC》という「鍋」に《スタッフ》という「具材」が浸って、じっくりと味を出していく‥と言ったらいいかな。
無理に味を引き出そうとか、あるいは強引に味付けをしてやろうという考えは全くなくて、温かい出汁の中でゆっくりしてって下さいよ‥てな寸法です。
私は私で、時たま出汁をかけてやったり、新たな具を鍋の何処に入れるかを考える程度‥。
でもね、これで結構全体の味が決まってくるものなんですよ。
おでん‥恐るべしであります。

というわけで、徐々に味が良くなって来たFMCおでん鍋。
どうぞご贔屓に!

※新たな具材(スタッフ)さんはいつでも募集してます。味が引き立つ方ならどなたでも大歓迎!
posted by 榎田信衛門 at 22:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 004こんな会社もありますね | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。